スポンサーリンク




BTO初心者向けお役立ち情報

BTOと自作PCの違いは?それぞれの特徴・メリット・デメリットを比較解説

市販のパソコンは最初は良くても使っていくとスペックなどに不満を感じることも多く、その結果自分でスペックを選べるBTOパソコンもしくは自作PCを考える場合も多くなります。

しかし

  • BTOパソコンと自作PCの違い
  • どちらが安いのか
  • どちらが性能良くお得なのか

など疑問ですよね。

結論から言うとBTOパソコンは即納モデルもありすぐにパソコンを用意できる、保証も手厚く安心というメリットがあり、自作PCは0からパソコンを組み立てる楽しさがあります。

ここではBTOパソコンと自作PCは何が違うのか、またそれぞれのメリットやデメリットを紹介していくので、これらを比較し自分に合った方法を選ぶきっかけにしてください。

結論を先に述べるならば

 

メリット
デメリット
BTOパソコン
  • 保証がしっかりしている
  • すぐに購入、利用ができる
  • パーツを指定するだけで簡単
  • 自分好みのカスタマイズは難しい
  • 組立コストなど割高になる
  • パーツの銘柄などが不明の場合もある
自作PC
  • コスパが一番良い
  • 組み立てる楽しさがある
  • カスタマイズの幅が広い
  • パーツ選び・検証に時間がかかる
  • 相性や不具合問題が起こる可能性
  • 保証がない
  • 不具合の特定も自分で行う

といった感じになります。

あなたがどちらのメリットを取るかを決めるヒントにするためにも、ぜひBTOパソコンと自作PCそれぞれの詳細なメリットとデメリットを把握し、しっかり選べるようにしていきましょう!

スポンサーリンク

BTOパソコンと自作パソコンのメリット・デメリットを比較

BTOパソコンと自作パソコンのメリットとデメリットは最も気になるポイントなので、まず最初にそれぞれのメリット・デメリットを比較し、どちらが良いか考えてみてください。

BTOパソコンのメリット・デメリット

BTOパソコンは即納モデルがありすぐに完成品のパソコンを用意できる、保証が手厚いというメリットがあり、それぞれ詳しくチェックし比較してみましょう。

メリット1.保証がしっかりしている

BTOメーカーでパソコンを購入すると保証がついているので、万が一のトラブルなどはメーカーに頼ることができ安心です。

ほとんどのメーカーは1年間の保証がついているので、この期間保証の範囲内であれば交換や修理などサポートを受けられます。

また購入前にメーカーの相談窓口でどのようなパソコンが良いのか、自分に合ったパソコンはどれかなどを相談できるので、そういった安心も大きいですね。

メリット2.受注生産でもすぐに購入・利用できる

BTOパソコンは納期が長く手元に届くのが遅いというのはすでに過去の話で、受注生産であるBTOパソコンも今は即納モデルなどがあり、すぐに購入して利用が出来ます。

BTOメーカーの規模や選んだモデル、カスタマイズの度合いによって変わるものの以前のように相当待たなければならないことはなく、比較的すぐに完成したパソコンが届くので早く利用できるメリットは大きいです。

メリット3.初心者でもパーツ指定するだけなので簡単気軽に購入できる

特にゲーミングPCなど高性能なパソコンが欲しい場合に嬉しいメリットが、パーツを指定するだけで欲しいスペックのパソコンを気軽に購入出来るというメリットになります。

パソコンは詳しくないけれど必要なスペックを満たしたパソコンを用意したい、ちょっと自分好みのカスタマイズをしたいという場合はとても便利で、動作確認もメーカーでしてもらえるため安心して使い出すことが可能です。

デメリット1.規定の組み合わせしかできないので自分好みのカスタマイズは難しい

一方BTOパソコンは一度サイトなどを見て分かるデメリットとして「規定の組み合わせしかできない」というものがあり、通常完全に自分好みのカスタマイズを100%できることはありません。

「電源ユニットは今後の拡張を考えるともうちょっと良いものが欲しい」など考えても規定の組み合わせ以上のカスタマイズはできないので、自分好みに調整するのも限度があることを理解しておきましょう。

デメリット2.一般的に購入するパソコンより割高

受注生産という形式上どうしても一般的に購入するパソコンより割高になりやすく、またBTOパソコンの場合組立費用も入っているため、お得感があまり感じられないデメリットがあります。

しかしBTOメーカーの場合は一度の大量購入で単価を下げられるメリットもあり、市販のパソコンで欲しいスペックのパソコンがない場合はあまり大きなデメリットではないでしょう。

デメリット3.使われているパーツの銘柄、品番、型番がわからないこともある

完全にパソコンの中身を把握しておきたい、パソコンに詳しい場合に感じやすいデメリットとして、使われているパーツの銘柄や品番、型番が分からないということもBTOパソコンではありえるんです。

スポンサーリンク

カスタマイズ項目を見ても「○○メーカー製高性能○○(パーツ名)」などしか書かれてないこともあり、こういった場合はどんなパーツが組み込まれているのか購入時には分かりません。

詳しく書かれてある場合や質問すれば答えてくれる場合もあるものの手間になり、最初から全部パーツを揃える自作パソコンと比べると不満を感じる可能性もあります。

自作パソコンのメリット・デメリット

次に自作パソコンのメリットとデメリットについて、0からパソコンを組み立てる楽しみがあることなども含めチェックし、比較してみましょう。

メリット1.一番コスパがいい、お得な形でパソコンを組める

自作パソコンの場合は組立費用もかからず動作確認なども自分で行うため一番コスパが良く、あまり自作とBTOの違いがなくなったと言われる今でも数万程度はコスパよく仕上げることが可能です。

自分でパーツを100%選べるので例えばDVDドライブは不要、今まで使っていたパソコンから付け替えるなど、無駄なくお得な形でパソコンが組めるメリットがあります。

メリット2.組み立てる楽しさはBTOにはない楽しみ、達成感

パソコンの組立は難しそう、ハードルが高いと感じる方も多いものの実際に組んでみると分かる通り好きな方にとっては非常に楽しく、自分でパソコンを完成させた達成感が得られるのも大きいです。

コスパのメリットを別としても自作パソコンを組むのが楽しいから自作するという方も多く、自分好みの構成・スペックのパソコンを組む楽しさと達成感は自作パソコンならではのメリットになります。

メリット3.自由に好きなパソコンの形、パーツ、カスタマイズ組み合わせが可能

BTOパソコンの場合はどうしてもカスタマイズできる範囲が狭く、例えばPCケースから自分の好きなパソコンの形を選ぶということは出来ません。

自作パソコンであればPCケースの形や色、パーツの選び方などを完全に自分で決めることができ、妥協することなく好きなパソコンが作れるメリットは大きいですね。

デメリット1.パーツ選定、検証、購入…作るのに手間がかかる

パソコンを自作するとなるとそれぞれのパーツを選定し、規格を確認し他のパーツも組み合わせられるか、互換性があるかなどの検証をし、それから購入という手順になります。

特定のパーツが使いたいけれど違うパーツと合わないなど多くのパーツを調べる手間がかかり、これが楽しいという方もいるものの基本的に「手間がかかる」という大きなデメリットになるんですね。

デメリット2.パーツ同士の相性が合わない、予測不能な不具合が起こる可能性

パーツを選定・検証し購入、ようやく自作パソコンを作れるといざ組み立ててみたらパーツ同士の相性が合わなかったなどのトラブルが起こる可能性があります。

検証段階では問題なかった相性問題など予測不能なトラブルが発生することあり、少しでも早く完成品のパソコンが欲しいという場合、自作パソコンはデメリットを強く感じてしまう可能性が高いです。

デメリット3.保証は実質ない&パーツ単位で不具合があった場合は特定しなきゃいけない

自作パソコンでそれぞれのパーツを購入した場合、パーツに保証がついていることはあるものの完成品のパソコンにはもちろん保証などはついていません。

不具合が起こった場合はどのパーツが不具合を起こしているのか特定しなければ解決せず、これだけでものすごく時間がかかってしまったなんて可能性ももちろんあります。

まとめ

BTOパソコンと自作パソコンのメリットとデメリットを詳しくチェックし、それぞれ比較してみました!

メリット
デメリット
BTOパソコン
  • 保証がしっかりしている
  • すぐに購入、利用ができる
  • パーツを指定するだけで簡単
  • 自分好みのカスタマイズは難しい
  • 組立コストなど割高になる
  • パーツの銘柄などが不明の場合もある
自作PC
  • コスパが一番良い
  • 組み立てる楽しさがある
  • カスタマイズの幅が広い
  • パーツ選び・検証に時間がかかる
  • 相性や不具合問題が起こる可能性
  • 保証がない
  • 不具合の特定も自分で行う

 

BTOパソコンと自作パソコンはこのようなメリットやデメリットがあり、どちらが良いのかという質問には「あなた次第」という答えになってしまうんですね。

個人的には自作パソコンを何度か組むと必然的にパソコンについての知識を深めていくので、トラブルなども対応できやすくなるなんてメリットもあると思います。

 

  • 早く欲しい場合はBTOパソコン
  • ゆっくり自分好みにしたい場合は自作PC

こんな選び方もできるので、ぜひあなたの状況とパソコン自作にチャレンジしてみたいか、コスパをどこまで良くしたいかなども合わせて考え、あなたに合った方法を選んでくださいね!

スポンサーリンク