パーツの選び方

BTOパソコンのストレージの簡単な選び方のコツ!目的用途を考慮した選定方法のポイント

市販のパソコンを使っているけど性能がいまいち、また市販パソコンは高いから安く高性能のパソコンを購入するためにもBTOパソコンを選びたいと考えたものの、実際にBTOパソコンをチェックすると多くの専門用語やスペックに戸惑ってしまいます。

どれを選べば自分が満足するパソコンになるのか、どう選んでいけば間違いがないのかなどは知識がないとなかなか判断が出来ません。

今回はBTOパソコンを購入する際にチェックする様々な項目のうち

  • ストレージの簡単な選び方
  • ストレージの目的用途を考慮した選定方法のポイント

これらのポイントを重点的に紹介しているので、もしあなたがBTOパソコンのストレージの選び方で迷われている場合はぜひご確認ください!

ストレージの基礎知識

メモリが一時的に必要なデータを記憶する装置であるのと違い、ストレージはデータを長期的に保存するためのパーツ(補助記憶装置)です。

メモリに保存したデータはパソコンの電源を落としたら消えてしまうもので、こちらは消えることがなく長期保存出来るという違いがあります。

 

ストレージを選ぶ際に注意するポイントは容量(多ければ多いほど保存出来るデータの量が増える)、そして転送速度です。

転送速度は早ければその分ソフトの起動が早くなる、ゲームのロード時間が減るなどのメリットがあり、できるだけ早いタイプを選んだほうがストレスなくパソコンを動かすことが出来ます。

 

現在ストレージにはHDDとSSDがあり、それぞれ違いがあるので確認した上で予算と相談し、必要な容量を確保しましょう。

HDD

長くストレージとして指していたのがHDD(ハードディスクドライブ)で、安価で大容量のストレージを確保することが出来るため現在でも多くのパソコンで使われているパーツです。

SSD

次世代ストレージなど言われていたこともあったSolid State Driveの略がSSDで、HDDに比べ転送速度が早く静音性も高いということで現在ストレージはこちらに移行しつつあります。

しかし価格を比較すると容量に大してパーツ価格が高いのも特徴で、予算に合った範囲で検討してみましょう。

ストレージの選び方

ストレージの性能だけを見るとSSDはHDDより転送速度が早い、消費電力も少ない、衝撃にも強いとメリットが多く、転送速度はパソコン動作に大きく関わるためSSD一択に見えるんです。

実際パソコンが高速に動くと起動時間やゲームの読み込み時間も大きく変わるので、現在メインストレージはSSDに移行しつつあります。

しかしSSDの大きなデメリットとして「容量に対しての値段が高い」という問題があり、HDDと比べるとSSDはまだまだ高く、SSDを妥協してしまう場合も多いんですね。

 

この対策としてBTOパソコンなどではSSDとHDDどちらも搭載しているパソコンが多く、どちらも搭載した上でOSやゲームなどはSSD、画像や音楽データなどはHDDに保存するという使い分けがされています。

こうすることで大容量なHDDに保存しておきたいもの、データのやり取りが多いものはSSDと保存先を分けられるのでオススメです。

もちろんストレージを選ぶ際はPCケースに搭載が可能か(HDDの場合は3.5インチベイ・SSDの場合は2.5インチベイ)もチェックしておく必要があるのでご注意ください。

BTOパソコンを作るときのストレージの選び方のポイント

ストレージの選び方も分かったところで、いよいよBTOパソコンを購入する、カスタムが必要な場合はカスタムする際の選び方のポイントをチェックしていきましょう!

使用目的・用途

ストレージを選ぶ際はパソコンで何がやりたいのかという使用目的や用途を明確にし、それに合わせたストレージを選択する必要があります。

例えば重い3Dゲームなどを快適に遊びたい、ゲームの読み込み速度を上げたいなどの場合はSSD一択になり、映像や画像データなどを多く保存しておきたい場合はHDDがオススメです。

 

またBTOパソコンで多く採用されているSSD・HDDどちらも搭載しOSや快適に動かしたいゲームなどはSSD、画像データなどはHDDに保存する方法はどちらのメリットもうまく使っているので、迷った場合はこれ一択で問題ありません。

SSDやHDDの容量をどこまで大きくするかも基本的な考え方は同じで、自分の目的に見合った、予算範囲内の容量を選んでいきましょう。

予算

SSDはHDDに比べるとまだまだ値段が高く、BTOパソコンでもカスタムして容量の大きいSSDに切り替える、または追加すると一気に値段が上がります。

プレイしたいゲームの容量を確保して余裕がある程度でSSDは留め、長く保存しておきたいデータをHDDに保存するなど使い方を考えながらストレージの容量を決めましょう。

他パーツとの組み合わせ、相性

BTOパソコンでHDD・SSDをカスタムする場合はそもそも組み合わないHDDやSSDは設定できないことが多いので、あまり組み合わせや相性を心配する必要はありません。

しかしデータの保存方法は外部保存やクラウドなど様々な方法があり環境を考えると不要な容量を削ることは可能かもしれないので、使用環境は必ず考え、必要な容量をチェックしておきましょう。

まとめ

今回はHDDやSSDなど、ストレージの選び方をお話しました。

ストレージの選び方をまとめると

  • 現在あるストレージは大容量・低価格のHDDと転送速度が早く消費電力も少ないもののHDDと比べると割高なSSD
  • SSDのみで大容量を確保するのは一気に値段があがってしまうため、BTOパソコンではSSD・HDDどちらも搭載するタイプが多い
  • 自分が遊びたいゲームの必要容量などを確認して余裕を持ったSSDを選べば安心、保存しておきたいデータ量などで調節しよう

ストレスなくパソコンを操作したい、快適にゲームしたい場合は現在ストレージにSSDは必須と言われるようになってきていて、主流がHDDから変わってきているんですね。

とはいえまだまだ高めのSSD、HDDと合わせて搭載することによりそこまで費用をかけることなく快適さと保存容量を確保することが出来るので、ぜひSSDとHDD搭載を検討してみてください!