スポンサーリンク




パーツの選び方

eMMCって何?SSDの違いは?価格・消費電力・容量などを比べてみた

ノートパソコンなど小型のパソコンスペックを見ているとeMMCという単語を見かけることがあり、「基本的なパソコン構成は知っているけれどeMMCって何?」と思うことがあります。

ストレージとして書かれてあるためストレージらしいことは分かるものの、「じゃあSSDとの違いは?」など、迷ってしまうんですね。

 

今回は

  • eMMCとは何か
  • SSDとの違いについて
  • 価格
  • 消費電力
  • 容量

「eMMCとは何か」はもちろんSSDとの違いについてなどを比べ、また選ぶ際に知っておきたい価格や消費電力、容量といった情報もまとめています。

 

  • eMMCとは元々SDカードなどマルチメディアカードのひとつを埋め込んで使用するようになった「埋め込みマルチメディアカード」であり、取り替えが出来ないのが特徴
  • SSDより価格が安い
  • eMMCの転送速度はSSDより遅いがHDDより早い、また衝撃に強く消費電力が少ないことからノートパソコンやスティックPC向け
  • 小型であるためネットブックやスティックPC、安価なノートパソコンで採用されていることが多い
  • 取替が出来ないため後々ストレージ容量に不満が出た場合は外付けストレージやクラウドサービスで対応が必要なため、購入時にしっかり検討することが大切

eMMC搭載のモデルを選ぶ際に失敗しないため、自分が欲しいスペックをしっかり満たしたモデルを選ぶためのヒントとして、ぜひご確認ください!

スポンサーリンク

eMMCとは「埋め込みマルチメディアカード」のこと

まず最初に把握しておきたい「eMMCとは何か」について、eMMCは「embedded Multi Media Card」の略で、言ってみればSDカードのような記憶媒体なんですね。

かつてはSDカード同様外付けの記憶媒体として使われていたもので、これをパソコンやスティックPCなどの内部基盤に組み込んだものがeMMCとなっています。

 

eMMCの特徴としては「基盤に組み込んだもの」という部分で、基盤に組み込まれている「埋め込みマルチメディアカード」であるためSDカードのような取り外しや交換ができません。

HDDやSSDのように容量が足りなくなったからといってeMMCを交換する、増やすなどは基本的にできないので、購入時からしっかり考えることが必要です。

eMMCとSSDを比較。似ているようで違う!

eMMCとは何かが分かったところで、同じように使われているSSDとはどんな違いがあるのか、似ている部分がどう違うのかを比較してみましょう。

価格

eMMCとSSD搭載のパソコンなどで比較すると、SSDに比べeMMCは安価で、格安のノートパソコンやスティックPCなどで採用されています。

注意点としてはeMMCは故障しても取り替えがしにくいため長く使いたい場合はSSD搭載のほうが安心できる場合もあり、あなたの使い方で考えてみましょう。

スポンサーリンク

性能

eMMCの特徴

  • HDDより高速
  • 衝撃に強い
  • 消費電力が少ない
  • 軽い
  • 動作音がしない

eMMCの性能をあげると以上のポイントとなり、これはSSDと共通する部分も多くSSDとeMMCの違いが分からないという方が多い理由です。

細かな違いを上げると消費電力はSSDより更に少ない、サイズもSSDより小さく小型化が可能という部分があり、ネットブックなどでも採用されている理由となっています。

一方最初にお話しましたがeMMCは基盤に組み込まれているタイプになるため、取り替えが出来ないという注意点も覚えておきましょう。

容量

eMMCの容量は64GBや128GB程度が多く、HDDやSSDと比較すると容量は少ないと言わざるを得ません。

またeMMCの特徴である取り替えが出来ないということから購入後ストレージ容量に不満が出た場合も大容量タイプに付け替えることが出来なく、外付けストレージやクラウドサービスの利用を検討する必要があるんですね。

eMMC搭載のノートパソコンなどを選ぶ際は「その容量で問題ないか」「外付けストレージなど対応策はあるか」などを考慮し、大丈夫と判断してから選びましょう。

その他転送速度・物理的なサイズ差など

eMMCの転送速度はHDDより早いもののSSDよりは遅く、しかしSSDより小型であるためスティックPCなどで採用されやすくなっています。

スティックPCの場合はSSDを搭載することはほぼ不可能なのでeMMCとなり、ネットブックなど小型ノートパソコンの場合もeMMCが多いです。

まとめ

eMMCとは何か、SSDとはどんな違いがあるのかをはじめ、eMMCの価格や性能、消費電力、容量など選ぶ際に必要となるポイントをまとめました。

  • eMMCとは元々SDカードなどマルチメディアカードのひとつを埋め込んで使用するようになった「埋め込みマルチメディアカード」であり、取り替えが出来ないのが特徴
  • SSDより価格が安い
  • eMMCの転送速度はSSDより遅いがHDDより早い、また衝撃に強く消費電力が少ないことからノートパソコンやスティックPC向け
  • 小型であるためネットブックやスティックPC、安価なノートパソコンで採用されていることが多い
  • 取替が出来ないため後々ストレージ容量に不満が出た場合は外付けストレージやクラウドサービスで対応が必要なため、購入時にしっかり検討することが大切

eMMCの特徴は以上のようになっていて、これらの特徴からネットブックやスティックPC、一部Surfaceなどで採用されています。

SSDとの違いや特徴を知っておくとノートパソコンなどを探す際にも判断材料にしやすく、eMMCを理解してから搭載されているノートパソコンなどを選びましょう!

スポンサーリンク