用途目的別パソコンランキング

【2019年最新】FX・株のデイトレにおすすめのBTOパソコンランキング!4枚以上のマルチモニター対応モデルは?

BTOパソコンを選ぶ際に大切なポイントである「使用目的をしっかり考える」ことはとても大切で、目的に合致したBTOパソコンを探すことになります。

しかしBTOパソコンは多くのモデルや種類、メーカーがあり、どのBTOパソコンなら自分の目的に合ったパソコンなのかも分かりにくいんですよね。

 

今回はFX・株のデイトレードにオススメできる、 4枚以上のモニターにも対応、FXツールやニュースチェックも快適な

  • BTOパソコンの選び方のポイント
  • 必要動作環境・スペック
  • おすすめパソコン

を紹介しています。

FX・株のデイトレードが目的で多くのモニターやソフトに対応していて快適に動くBTOパソコンを探したいとお考えのあなた向けのBTOパソコンを選ぶポイントやおすすめパソコンの紹介となっているので、ぜひご確認ください!

FX・株のデイトレード目的のパソコンを選ぶときに抑えておきたい3つのポイント

FX・株のデイトレードが目的でスペックを考えるだけなら高性能なパソコンは必要なく、標準的なパソコンで十分です。

しかし2枚、もしくはそれ以上のモニターを接続したい場合もFX・株のデイトレードでは多く、複数モニターを接続する場合はグラフィックボードを搭載したパソコンをオススメします。

どの程度モニターを接続するかによって大きく必要スペックは変わるものの、FX・株のデイトレード向けのパソコンとして抑えておきたい以下のポイントをチェックしておきましょう。

グラフィックボード搭載推奨

複数モニター、特に4枚以上のモニターを接続して同時にチェックしようとすると、やはりグラフィックボードを搭載しているパソコンが必須になるのでご注意ください。

一方グラフィックボードの3D性能や3Dゲームのための機能が必要なわけではないので、6枚以上のモニターの接続が目的でない場合はそこまでハイスペックなグラフィックボードは必要ありません。

また複数のモニターを接続していない、今後も複数モニターを接続する予定もないなどの場合は、グラフィックボードにこだわる必要もないでしょう。

CPUはそれなりのものを

CPUはパソコン処理に関わる重要なパーツなので操作している際の快適さやスムーズさに大きく関わり、それなりに良いCPUを選んだほうが安心です。

ハイエンドなCPUを選ぶ必要はなく多少抑えめにしても問題はないものの、あまりに処理速度の低いCPUを選んでしまうと処理速度に不満が出ることもあるのでバランスを見て選ぶことをオススメします。

電源にこだわる

多くのモニターを接続している、様々な処理を多く行っているなどFX・株のデイトレード用パソコンにおいて電源は重要で、高性能なタイプを選ぶと安心です。

高性能な電源には80PLUSという認証があるのでこれを満たしていれば問題なく、しかしBTOパソコンで採用される電源は多くのモデルで満たしているのでほぼ気にせずとも問題ありません。

FX・株のデイトレードの必要動作環境・スペック

FX・株のデイトレード目的の場合のBTOパソコンで抑えておきたい3つのポイントを踏まえた必要動作環境やスペックの目安は以下のようになるので、最低ラインとして覚えておきましょう。

CPU

Corei5以上

CPUはそこまで高性能なものは必要ありませんが、処理速度や快適さで不満を感じないようにするためにもCorei5以上は用意しておくことをオススメします。

特に複数モニターを採用している場合や多くのソフトを同時に動かしたい場合は処理速度が遅くなる可能性も高くなるので、Corei5以上がオススメです。

メモリ

8GB以上推奨

メモリも処理速度に影響するFX・株のデイトレードにとってはストレスを感じたくない部分で、安定して動かすためにも8GB以上を推奨します。

SSD

SSD搭載推奨

SSDとHDDの違いは応答速度で、SSDのほうがパソコンの起動やデータの読み込みも早く、FX・株のデイトレードではできるだけ良いものを用意しておきたい部分です。

しかしSSDだけでストレージ全てをまかなおうとすると必要な予算もどんどんあがってしまうので、OSやソフトをSSDに保存、他はHDDなど合わせて搭載されているタイプを選び上手に使いましょう。

FX・株のデイトレードのおすすめパソコンベスト10を紹介

FX・株のデイトレード目的の場合の選び方、必要なスペックを考慮した上でオススメしたいBTOパソコンを紹介していくので、ぜひご確認ください!

パソコン工房 PRO-kabu.4 v7

公式サイト:https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=661416&pre=pid4257_C02

スペック

  • CPU:Corei5-8500
  • グラフィック:GeForceGT1030
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:1TB HDD
  • 価格:209,980円(税別)

PRO-kabu.4 v7はパソコン工房がトレーディング専用として作っている4画面対応のモデルで、モニタースタンドも用意されているためすぐに環境を整えることが出来ます。

パソコン工房 PRO-Gaitame.6 v4

公式サイト:https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=661559&pre=pid4257_C02

スペック

  • CPU:Corei7-8700
  • グラフィック:GeForceGT730
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:240GB SSD/2TB HDD
  • 価格:299,980円(税別)

こちらは更に性能を伸ばした6画面モデルのパソコン工房のトレーディングパソコンで、上級者の方にオススメです!

パソコン工房 PRO-Gaitame.2 v4

公式サイト:https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=661460&pre=pid4257_C02

スペック

  • CPU:Corei3-8100
  • グラフィック:UHDグラフィックス630
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:1TB HDD
  • 価格:139,980円(税別)

パソコン工房で展開しているトレーディングパソコンの中の2画面モデルで、「これからトレーディングをしてみたいけどいきなり高価なパソコンは手が出せない」という場合の入門用としてオススメします。

マウスコンピュータ DAIV-NG5300H1-SH2

公式サイト:https://www2.mouse-jp.co.jp/scripts_cart/spec.asp?PROD=1906DAIV-NG5300H1-SH2&_ga=2.6016571.960108962.1563260135-1529067035.1559109599&_gac=1.20854474.1563260135.Cj0KCQjwyLDpBRCxARIsAEENsrIkSDwf1qQQhguzQJ_wud9JiZej41BwiujbJEwfHd4x_5KCQ5uj-coaApqsEALw_wcB&adobe_mc=MCMID%3D57827949908933662740770255437427193416%7CMCORGID%3D5EE1A2B154D57F4B0A4C98A7%2540AdobeOrg%7CTS%3D1563260410

スペック

  • CPU:Corei7-8700
  • グラフィック:GeForceMX250
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:256GB SSD/1TB HDD
  • 価格:173,800円(税別)

外や自宅外作業が多いとやっぱりノートパソコンは便利で、こちらはノートパソコンでありながら使いやすく安定した性能があり、外でFXや株のデイトレードをしたい場合にもオススメです!

マウスコンピューター DAIV-NG5520E1-S2

公式サイト:https://www2.mouse-jp.co.jp/scripts_cart/spec.asp?PROD=1906DAIV-NG5520E1-S2&_ga=2.188917737.316368371.1564290251-1529067035.1559109599&_gac=1.91898344.1564290251.CjwKCAjw7O_pBRA3EiwA_lmtfs3G60uwNag0SF4eOlW0kLzd9XQ-z47awa0y4oW2sW7PQDLVfrZoRRoCIJUQAvD_BwE&adobe_mc=MCMID%3D57827949908933662740770255437427193416%7CMCORGID%3D5EE1A2B154D57F4B0A4C98A7%2540AdobeOrg%7CTS%3D1564290633

スペック

  • CPU:Corei7-9750
  • グラフィック:GeForceGTX1650
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:240GB SSD
  • 価格:154,800円(税別)

自宅外にも持ち運びができるノートパソコンでもFX・株のデイトレードをしたい場合にオススメのBTOパソコンで、ストレスなくチェックできるスペックが用意されています。

ドスパラ Magnate MS

公式サイト:https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=&mc=7866&sn=3232

スペック

  • CPU:Corei5-8500
  • グラフィック:GeForceGTX1060
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:240GB SSD
  • 価格:74,980円(税別)

今後の拡張も視野に入れつつ安めのBTOパソコンを探したいという場合にオススメのドスパラでも人気の高い低価格パソコンで、バランスの良い性能と価格が魅力です!

ドスパラ Critea VF-HEKS

公式サイト:https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=3&mc=7607&sn=3964

スペック

  • CPU:Corei7-8550U
  • グラフィック:GeForceMX150
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:500GB SSD
  • 価格:94,980円(税別)

ドスパラのノートパソコンのBTOパソコンでグラフィックボードが搭載されているタイプになり、持ち運び出来て安心できる性能を手頃な価格帯で手に入れたい場合にオススメします。

マウスコンピューター LITTLEGEAR i330SA4

公式サイト:https://www2.mouse-jp.co.jp/tune/scripts_cart/spec.asp?prod=1907LG-i330SA4&adobe_mc=MCMID%3D57827949908933662740770255437427193416%7CMCORGID%3D5EE1A2B154D57F4B0A4C98A7%2540AdobeOrg%7CTS%3D1564292296

スペック

  • CPU:Corei7-9700F
  • グラフィック:GeForceGTX1660
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:240SSD/1TB HDD
  • 価格:139,800円(税別)

マウスコンピューターのグラフィックボード搭載BTOパソコンで安定した性能を持ち、今後長く使えるパソコンを探している場合にオススメです。

ドスパラ Magnate MH

公式サイト:https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=&mc=7744&sn=3421

スペック

  • CPU:Corei5-9400F
  • グラフィック:GeForceGTX1650
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:500GB SSD/1TB HDD
  • 価格:89,980円(税別)

こちらも安定した性能を求めたい場合にオススメのドスパラのBTOパソコンで、余裕を見たスペックを確保しているので安心してデイトレードにも使えます。

ドスパラ Thunderstorm AH5

公式サイト:https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=2&mc=8829&sn=2495

スペック

  • CPU:Ryzen5 3600
  • グラフィック:GeForceGTX1650
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:240GB SSD
  • 価格:79,980円(税別)

今後の拡張も踏まえつつできるだけ価格を抑えた上でしっかりした性能のBTOパソコンが欲しいという場合にオススメで、グラフィックボードも搭載されているため複数モニターにも対応しやすいです。

まとめ

今回はFX・株のデイトレードが目的の場合のBTOパソコンの選び方や抑えるポイント、おすすめBTOパソコンを紹介しました。

FX・株のデイトレード目的の場合

  • 複数モニターを使用したい場合はグラフィックボード搭載を選ぶ、また今後モニターを増やしたい場合は対応出来るタイプを選ぼう
  • CPUスペックの低いタイプを選ぶと処理速度が遅く不満が出る可能性も、それなりに良いCPUを選ぶ方法がオススメ
  • 電源は80PLUS認証を選ぼう
  • ストレージはSSD推奨

FX・株のデイトレードが目的の場合は複数のモニターを使いたい場合が多く、そうなると必然的に対応しているグラフィックボードを搭載しているBTOパソコンが必要になります。

CPUやストレージに関しても処理速度を考えるならばできるだけ良いものやSSDを選んだほうがよく、予算と性能のバランスを見ながらあなたに合ったパソコンを選んでくださいね!