スポンサーリンク




パーツの選び方

グラフィックボード(グラボ)って何のこと? | パソコンの画質を向上させるアイテム!種類と性能の違いは?

BTOパソコンが欲しくなって色々調べていると様々な専門用語が飛び交いさらに混乱してしまうことが多く、そんな専門用語のひとつ、「グラフィックボード(グラボ)って何のこと?」という疑問にお答えします。

グラフィックボードはBTOパソコンのサイトなどを見ていると種類も複数あり数字も並んでいたりと分かりにくく、種類や性能の違いも知っておきたいところですよね。

結論をまとめると

  • 映像をよりきれい・滑らかに表示するために必要なパソコンの部品の一つで、逆に必要としない場合はマザーボードやCPUに搭載されている画像表示機能でも問題なく動かすことができる
  • きれいな画面で動画が見たい、3Dゲームをしたい、3D処理がしたいなどの場合はグラフィックボードは必須、しかし性能による価格差も広く選び方にも注意
  • GeForceとRadeonの2種類が多い
  • 初心者にはGeForceがオススメ
  • どのメーカーのグラフィックボードを購入してもGPUはGeForceかRadeon搭載となり同じものなので、冷却性能や安定性などメーカーの特徴で選択ができる
  • ビデオカードやビデオボード、グラフィックカードなど様々な名称があるもののこれらは全てグラフィックボードのことで、同じと思って良い

こういった感じです。

今回はグラフィックボードについての疑問、そもそもグラフィックボードとは何なのか、どんな種類があって性能がどう違うのかをまとめていきます。

グラフィックボードがよく分からない場合のヒントにしてくださいね!

スポンサーリンク

グラフィックボードって何?→映像をよりキレイ・滑らかに表示するための部品

グラフィックボードはその名の通りグラフィックに関わる機能を取り扱っているパーツで、画像をきれいに表示したり動かしたりするために使います。

 

しかしグラフィックボードは必ず必要かと言えばそうではなく、パソコンにグラフィックボードが搭載されていなくとも画面は表示されるし、動かすことも可能!

何故かというと部品を乗せるためのマザーボードや頭脳に当たるCPUなどに画像を表示する機能が搭載されていて、これらを使って表示しています。

 

「じゃあグラフィックボードを搭載する意味はないのでは?」「何でグラフィックボードがあるの?」と疑問を感じるかもしれませんが、グラフィックボードは映像をよりきれいに、滑らかに表示するための部品なんですね。

特に3D処理など負荷が大きい処理がかかるとマザーボードやCPUについている画像表示機能だけでは追いつかず動きが重くなったり全く動かなくなるので、グラフィックボードは必須になります。

つまりグラフィックボードは

  • 高画質画像を楽しみたい
  • 3Dゲームを楽しみたい
  • 3D作業がしたい

など、より画面を滑らかに、きれいに動かす必要がある場合に必要となるパーツで、逆に言えばちょっとインターネット巡回がしたい、通話がしたいなどの場合は不要です。

一方3Dのパソコンゲームがしたい、仕事で3D作業が必要、きれいな画像や映像を楽しみたい場合にはグラフィックボードは必須になり、搭載されているタイプを選ぶ必要がありますね。

 

またグラフィックボードは性能次第で価格の差が大きく、安いタイプは数千円、高いグラフィックボードだとなんと数十万にもなるので、どの程度の性能が欲しいかを検討することも大事です。

3Dゲームや3Dソフトの取り扱いなどが目的の場合はソフトに推奨スペックが必ず書かれてあるので、推奨スペックを確認しそれに合わせた、もしくは少し余裕を見たグラフィックボードを選ぶと問題なく動かすことが出来ます。

グラフィックボードの種類と性能の違いはある?

グラフィックボードは一覧を見ると数字や単語が並んでいてぱっと見ただけでは種類や性能なども分かりにくいかもしれないので、種類や性能の違いを見ていきましょう。

グラフィップチップメーカー「Geforce」「Radeon」によって大体変わる件。

グラフィックボードは多くの会社から販売されていて迷うかもしれませんが実はグラフィックチップのメーカーで2種類に分けられるので、まずはこの2種類をご確認ください。

GeForce:

NVIDIA社が作っているGeForceというGPU(グラフィックボードの頭脳に当たるパーツ)は、現在グラフィックボードの主流となっていて広く使われているのが魅力です。

描画速度の速さやグラフィック表示性能に定評があり、現在主流のGPUであるため推奨スペックに具体的なGeForceのグラボが書かれていることも多く、故障などのトラブルに対応してもらいやすいというメリットもあります。

Radeon:

RadeonはAMD社が作っているGPUで、かつては動画描写に優れていると広まっていたものの、現在は性能もGeForceに追いつかれ二番手になっている状態です。

とはいえ総合的な性能はGeForceと変わらず同程度でゲームなどが目的の場合は推奨スペックに記載されていることも多く、問題なく使うことが出来ます。

またNVIDIA社が作っているGPUとして「Quadro」というものがあり、こちらはCADや3D、画像処理などに特化したタイプです。

しかしDirectXに対応しておらずゲーム処理は苦手という特徴があり、一般的に使う場合はGeForceを選んで問題ありません。

スポンサーリンク

 

どちらも基本的に処理速度が大きくなればなるほど数字が大きくなる、搭載メモリが多いほど性能が高いという見方で問題なく、またRadeonのほうがGeForceより安価に購入出来ます。

価格帯も考慮するならRadeonを視野に入れる、初心者でトラブルなどもフォローしてもらいやすいタイプが良いのであればGeForceなど、あなたに合ったグラフィックボードを選びましょう。

メーカーの選び方はどのようにすべき?

現在主流のGPUを作っているのは2社のみなもののメーカーは非常に多く、どれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。

基本的にどのメーカーで購入してもGPUは同じなので外見や好み、セールなどで購入しても構いませんが、以下のような特徴があるので参考にしておきましょう。

メーカー名
特徴
ASUS 安定した品質で信頼性も高いものの、他メーカーと比較すると値段が高めになっていることが多いので予算と相談してASUSを選ぶか検討しましょう。
MSI MSIのグラフィックボードは静かという評価があり、静音性や冷却性能が高い、また特徴的なデザインを多く作っているということで、パソコンの中身にもこだわりたい方にオススメです。
GIGABYTE GIGABYTEのグラフィックボードは比較的安価で購入しやすく、一方独自の冷却システムにより高い放熱性があるもののサイズが大きいためPCケースも考慮しなければならないのが特徴になります。
ZOTAC ZOTACはGeForce専門のグラフィックボードメーカーで、主に小型パソコンに向けた、ハイパフォーマンスモデルのグラボを小型サイズで販売しているメーカーです。
ELSA ELSAは安定にこだわったグラボを作っているメーカーで、他メーカーと比べ衝撃やホコリに強く、メンテナンスしやすいよう角がないデザインにしていて、長期使用に向いています。
玄人志向 玄人志向の最大の特徴はサポートがないことで、初期不良以外は一切のサポートがなく、マニュアルも日本語版が付属していません。

その名の通り玄人が使うことを目的として販売されていて、サポートなどを排除した分かなり安価で購入ができるのが特徴です。

メーカーのパソコンを買う場合はもちろん、BTOパソコンの場合もメーカーから選ぶことはあまりなく自作や改造にチャレンジしない限りはあまり必要にならないかもしれませんが、知っておくとパソコン選びのヒントにもなりますね!

ビデオカードとグラフィックボードの違いは?→実は一緒

グラフィックボードなどを検索しているとビデオカードという単語もあって「また違う単語が出てきた!」と思ってしまうかもしれませんが、ビデオカードはグラフィックボードと同じです。

同様に

  • グラフィックボード
  • ビデオカード
  • グラフィックカード
  • ビデオボード
  • VGA

など様々な名称があるもののこれらは全てグラフィックボードのことであり、「基盤(カード/ボード)の上にグラフィックに関わるパーツが載せられているもの」となっています。

ちなみにGPUはグラフィックボードの頭脳に当たるパーツでNVIDIAとAMD2社が作っているGeForce・Radeonになるので、混乱しないよう覚えておきましょう!

まとめ

グラフィックボードとは何なのか、どんな種類があって性能がどう違うのかなど、グラフィックボードについての情報をまとめました。

グラフィックボードは

  • 映像をよりきれい・滑らかに表示するために必要なパソコンの部品の一つで、逆に必要としない場合はマザーボードやCPUに搭載されている画像表示機能でも問題なく動かすことができる
  • きれいな画面で動画が見たい、3Dゲームをしたい、3D処理がしたいなどの場合はグラフィックボードは必須、しかし性能による価格差も広く選び方にも注意
  • GeForceとRadeonの2種類が多い
  • 初心者にはGeForceがオススメ
  • どのメーカーのグラフィックボードを購入してもGPUはGeForceかRadeon搭載となり同じものなので、冷却性能や安定性などメーカーの特徴で選択ができる
  • ビデオカードやビデオボード、グラフィックカードなど様々な名称があるもののこれらは全てグラフィックボードのことで、同じと思って良い

こういった特徴があり、きれいな画面を楽しみたい場合や3Dゲームや最新パソコンゲームを楽しみたい場合、3D処理が目的などの場合は搭載されたパソコンが必要です。

メーカーのパソコンやBTOパソコン購入の場合はグラフィックボードのメーカーまで気にせずとも良いかもしれませんがGPUの違いは知っておきたい知識なので、今後のためにもぜひ覚えておきましょう!

スポンサーリンク