スポンサーリンク




パーツの選び方

HDDって一体何なの? | 映像・写真・アプリの保存をする大容量記憶装置

BTOパソコンなどが欲しくなって色々調べていると様々な専門用語が飛び交いさらに混乱してしまうことが多く、そんな専門用語のひとつ、「HDDって何なの?」という疑問にお答えします。

 

HDD(ハードディスクドライブ)は映像・写真や動画データ、またソフトやアプリなどを保存するために用意されている大容量のストレージ(=補助記憶装置)のことです。

パソコン本体の中に内部ストレージとして用意されている他、外付けHDDのように後から追加したり増やしたりすることも可能で、多くの写真や動画などのデータを保存することが出来ます。

結論から言うと

  • パソコンなどで映像や写真、アプリ、ソフトなどのデータの保存ができる大容量のストレージ(補助記憶装置)であり、記憶を司る部分
  • プラッタと呼ばれる円盤や円盤を回転させるためのスピンドルモーター、回転させつつデータを読み取る、書き込むための磁気ヘッドやHDDのメモリであるキャッシュなどのパーツがある
  • HDDは回転することがSSDやUSBメモリと違った決定的な特徴であり、機械で動いているため衝撃などで機械が動くと破損などの危険があり注意
  • パソコン内部にしまって使う安価な内蔵HDDとUSBでパソコンと接続するだけで使えるお得な外付けHDDがあり、データの使い方などあなたに合わせたHDDを使おう

といった感じになります。

今回はハードディスクドライブ・HDDとは何なのか、どのような仕組みで動いているのかなどHDDについての疑問をまとめて解消できる内容となっているので、ぜひご確認ください!

スポンサーリンク

HDDとは記憶を司る部分

HDDは写真やアプリなど、パソコンで扱うデータを保存するパーツのことで、ストレージ(補助記憶装置)の名称の通り「記憶を司る部分」です。

パソコンだけではなくゲーム機などでも使われている、写真や作成したエクセル・ワードのデータ、さらにこれらを動かすためのソフトやアプリ、OSなどが全て格納されている大切なパーツとなっています。

HDDを構成する部品

パソコンパーツ屋などでHDDを見てみると文庫サイズ程度の箱になっていてそれなりに重く、どのような部品で構成されているのかも気になるので確認してみましょう。

プラッタ

プラッタというのはHDDに入っている円盤のような装置で、この円盤が高速で回転しデータの読み書きを行う仕組みで動いているのがHDDです。

HDDに円盤は一枚ではなく複数入っていることもあり、この円盤の合計容量でHDD全体の容量が決まります。

例:500GBプラッタ2枚内臓の場合は1TB

スピンドルモーター

スピンドルモーターはプラッタを回転させるための装置で、この回転数が多ければ多いほど読み書き速度が早くなる大切な部分です。

例:5400回転や7200回転(/1分間)

磁気ヘッド

プラッタをスピンドルモーターで回転させた上で実際にデータの読み書きを行うための装置が磁気ヘッドで、この装置でデータの読み込みや書き込みを行います。

データがある部分まで移動する時間(シークタイム)がどうしてもかかるため、HDDへのアクセスや読み書きはSSDなどに比べ多少時間がかかるんですね。

キャッシュ

キャッシュまたはバッファと呼ばれる部分はHDD用のメモリで、キャッシュの値が大きければ大きいほどデータの読み書きが効率的に行えるようになります。

他の記憶装置との決定的な違いは「回転すること」

近年増えてきたストレージとしてSSDがあり、これはNANOフラッシュメモリを記憶媒体としていて、HDDのような機械的な動きは必要ありません。

USBメモリなども同様で、これらのストレージとHDDの最も大きな、決定的な違いは「回転すること」、つまり機械で動いていることなんですね。

スポンサーリンク

 

HDDは衝撃に弱いと聞いたことがある方は多いかもしれませんが、これは稼働中に衝撃を与えてしまうと磁気ヘッドが動き、反動でプラッタに叩きつけられてしまうという理由があります。

こうすると物理的な傷がついてしまいその部分は使えなくなるだけではなく、以降その部分にアクセスするたびに磁気ヘッドにもダメージがいってしまい、最終的にはHDDが壊れてしまうんです。

一方基本的な寿命はSSDより長く大容量でも比較的安価で購入できるというメリットもあるので、HDDの仕組みをきちんと理解し安全に使うようにしましょう。

HDDの種類ごとの特徴と違い

HDDは最初にお話した通りパソコン内部などにある内蔵HDDや外付けHDDなどがあるので、それぞれの特徴と違いも確認しておきましょう。

内蔵HDD

内蔵HDDとはその名の通りパソコン内部などに用意するHDDのことで、近年メインストレージとしてはSSDが増えたものの、大容量のストレージ確保のためにHDDも使われています。

パソコンケースの内部にHDDを置けるスペースが用意されているので、スペースが空いている、配線ができる状態であれば後から増やすことも可能です。

内蔵HDDのメリット

  • 比較的安い
  • 故障の可能性を減らせる
  • 線類を増やさない(見えない)

パソコン内部に取り付けるため衝撃に弱いHDDを比較的安全に使うことができるメリットがあり、またパソコン内部で配線するため外部に配線を増やす必要はありません。

また外付けHDDと比べると大容量のHDDでも安価に購入できるためストレージが足りない場合は一気に問題を解消しやすく、大容量のストレージが欲しい場合は内蔵ストレージを増やす方法をオススメします。

外付けHDD

外付けHDDは名前の通り外からパソコンとUSBで接続しデータのやり取りができるHDDで、衝撃などを防ぐ、持ち運びしやすくするための外装などは用意されているものの、中身は内蔵HDDと変わりません。

外付けHDDのメリット

  • データ共有しやすい
  • 手軽である

外付けHDD最大のメリットはなんといってもデータ共有のしやすさや移動のしやすさで、USBで繋ぐだけで共通のデータを使うことができるのは魅力です。

動画や写真などを外付けHDDに用意しておけば、欲しい場合に欲しい方がパソコンと外付けHDDを繋ぐだけでデータのやり取りができます。

 

またUSBメモリなどと違って大容量のタイプもあるため、例えば長期帰省や出張などで大量のデータを持ち運びしたい場合も便利ですね。

パソコンに詳しくない場合は手軽にストレージを確保できるというのも魅力で、内蔵HDDのようにパソコン内部を触る必要もなくなります。

まとめ

HDDとは何か、どのような仕組みで動いていて他のストレージと比べてどう違うのかなど、HDDについての疑問の答えをまとめました。

HDDとは

  • パソコンなどで映像や写真、アプリ、ソフトなどのデータの保存ができる大容量のストレージ(補助記憶装置)であり、記憶を司る部分
  • プラッタと呼ばれる円盤や円盤を回転させるためのスピンドルモーター、回転させつつデータを読み取る、書き込むための磁気ヘッドやHDDのメモリであるキャッシュなどのパーツがある
  • HDDは回転することがSSDやUSBメモリと違った決定的な特徴であり、機械で動いているため衝撃などで機械が動くと破損などの危険があり注意
  • パソコン内部にしまって使う安価な内蔵HDDとUSBでパソコンと接続するだけで使えるお得な外付けHDDがあり、データの使い方などあなたに合わせたHDDを使おう

HDDはこのように機械で動く大容量のストレージとなっていて、撮った写真や映像、作成したデータなどを保存するための大切なパーツです。

あなたがどのようなデータをどの程度の容量保存したいのか、持ち運びは必要かなどを考えながら自分に合ったHDDを選び、快適なパソコン生活が送れるようにしていきましょう!

スポンサーリンク