スポンサーリンク




BTOお役立ち情報

パソコンが熱くなる原因と熱対策まとめ!おすすめで簡単な冷却&排熱方法は?

特に夏場よく起こる「パソコンが熱くなる」という現象は原因が気になり、また熱対策もしっかり準備し対応できるようにしておきたい部分です。

「パソコンが熱に弱い」というのは聞いたことがあるかもしれませんがその通りで、人だけではなくパソコンもしっかり対策をしなければ人でいうと熱中症、パソコンだと致命的な故障やトラブルの原因になってしまいます。

そこで今回はパソコンの

  • 冷却方法
  • 排熱方法

オススメかつ簡単にできるパソコンの冷却&排熱方法を紹介していくので、原因と対策をお探しのあなたはぜひご確認ください!

スポンサーリンク

パソコンが熱くなる原因と3つの例

パソコンは熱に弱いため元々熱対策はされていてちょっと使っているだけではそう簡単に熱暴走はしないものの、長時間フル稼働させていれば当然熱は上がりトラブルの原因にもなりかねません。

例えば最新パソコンゲームを長時間遊び続けている、何日もパソコンをつけっぱなしで電源を落としていないなどの場合は注意が必要です。

パソコンをシャットダウンするのが面倒で電源を入れっぱなしにしている場合は必ずシャットダウンする癖をつけるのも熱暴走の対策になるので、ぜひこの機会から考えてみましょう。

 

しかしパソコンには熱を逃がすためのクーラーや冷却ファン、また通気口などが備わっていてこれらの装置がきちんと動く環境を作ることも熱対策になり、同時にこれらがしっかり働かないことで熱暴走の原因にもなります。

以下にパソコンに備わっている熱対策がきちんとされない場合の原因を紹介していくので、あなたのパソコン環境を振り返り、原因がないかを考えてみてください。

原因その1.ホコリ

デスクトップパソコンを床に直置きしている場合やあまりに長時間本体に触れていない場合などに起こりやすい原因としてはホコリで、本体内部や通気口にホコリが詰まりエアフローがうまく機能していない場合も多いです。

デスクトップパソコンでもノートパソコンでもパソコンは必ず通気口が用意され空気の通り道から熱を逃せるようになっているので、一度パソコン内部にホコリが詰まっていないか確認してみましょう。

もちろんパソコンを置いている部屋がホコリまみれではパソコンの通気の際にホコリを取り込みやすくなってしまうので、部屋の掃除をこまめにすることも対策になります。

原因その2.外気温、直射日光

パソコンが直射日光に当たっている、また単純に外気温がとても高くエアフローが機能していてもパソコンを冷やせる環境になっていないという場合も多いです。

直射日光はパソコン温度をかなり上げてしまうので置き場所が変えられない場合は遮光カーテンを設置する、外気温が高い場合はエアコンを入れるなどが対策になります。

原因その3.設置場所

今までの原因とかぶることも多いですが、設置場所が理由で熱が溜まりやすく熱暴走しやすくなっている可能性も考えてみましょう。

ホコリが溜まりやすい場所や直射日光があたる場所はもちろん、例えばディスプレイの真後ろにパソコン本体を設置していると、ディスプレイの排熱や空気の通りの悪さが原因で熱暴走しやすくなることも考えられるんですね。

エアフローを考えて作られているパソコンもそもそも空気の通りが悪い、熱い空気しか入ってこない場所に設置してしまうとメリットがなくなってしまうので、パソコンの設置場所も振り返り、もっと良い場所がないか検討してみてください。

パソコンの熱対策・冷却でおすすめの方法

原因のところでも軽くお話しましたが、パソコンの熱対策や排熱方法、冷却方法として簡単でオススメできる方法を紹介していくので、ぜひできる方法から対策してみましょう!

部屋そのものを涼しくする

最も簡単かつ効果の高い方法はパソコンを設置している部屋の冷房をつけて部屋全体の温度を下げることで、最も手早く簡単、かつ効率良い熱対策になります。

逆に言えば「自分はまだ耐えられるから」と暑くてもエアコンを入れずパソコンを使い続けているとパソコンが熱暴走する可能性もあり、注意が必要です。

学生時代パソコンが設置されている部屋だけやたらエアコンがよく効いていて涼しかった、なんて記憶がある方もいらっしゃるかもしれませんが、このように熱対策として行われています。

ホコリを掃除する

せっかく通気、エアフローを考えて作られたパソコンもホコリが詰まって空気が通らなくなってしまうと意味がなくなるので、定期的にパソコン本体を開いて中身のホコリを掃除するのも良い熱対策です。

パソコンや高性能ゲーム機などでホコリを掃除したら一気にファンの音が静かになった、安定稼働したという話も多く、定期的なホコリの掃除はぜひオススメします!

パソコンの配置に気をつける。排熱部分は絶対にふさがない!

パソコンの置き場所や周辺との兼ね合いも大切で、特にパソコン本体の通気口付近は絶対に塞がず空気が通る環境を確保しておくことも大事です。

ディスプレイの真後ろに本体を設置など特に置き場所が少なく効率良いスペースの使い方を考えている場合にやってしまうことがあるものの、排熱がうまくいかないことが多いので注意しましょう。

スポンサーリンク

SSDにする

ちょっと手間が必要で簡単ではないものの、パソコンの買い替えや自分で交換するのが苦でないという場合はHDDをSSDに換装する方法も熱対策になります。

SSDはHDDより発熱が少なくSSDにすることが熱対策にもなるので、買い替えなどでタイミングが合う場合などはぜひSSD搭載を考えてみましょう。

ただSSDはHDDに比べまだ割高感があり容量も比較すると少なめになることが多いので、データの保存はクラウドサービスや外付けストレージなども合わせて考えられると良いですね。

不要な高スペックパソコンにしない

パソコンは当然ハイスペック、例えば高性能グラフィックボードや高性能なCPUを動かすほど熱も上がりやすくなり、熱対策もしなければなりません。

必要なスペックであれば対策も含めて必要なものの、例えばインターネット巡回などでしか使わない場合は不必要なスペックのパソコンを使わないことも熱対策になります。

外付けの冷却パッドを用意する

ノートパソコンはデスクトップパソコンと比べ構造上どうしても熱暴走しやすいので熱対策がより必要となり、パソコン本体を冷やすための冷却シートやクーラーも販売されているんです。

ノートパソコンの熱対策としては冷却シート・クーラーなどが効率よく簡単にパソコンを冷やす方法になるので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

パソコンが熱くなる原因と熱対策、特にオススメできる簡単で効率良いパソコンの冷却・排熱方法を紹介しました。

パソコンが熱くなる原因

  • 長時間稼働
  • フル稼働

パソコン本体で熱対策はされているもののこういった行動が理由で熱が溜まる可能性もあるので、「長時間電源を入れっぱなしにしない」なども熱対策になります。

 

また外部要因として

  • ホコリが溜まっている
  • 外気温が高い
  • 直射日光がかかっている
  • 設置場所が悪い

こういったものがあり、わかりにくい最後の「設置場所」については空気の通りが悪い、ディスプレイや他の電化製品の排熱場所に置いているなどが原因です。

 

対策としては

  • エアコンを入れる
  • ホコリを掃除する
  • 排熱を塞がない設置を考える
  • SSDに換装する
  • 不要な高スペックパソコンを使わない
  • 冷却シートを用意する

などがあります。

デスクトップパソコンの場合はエアフローを考慮してホコリが溜まらない場所に設置をすること、冷房をしっかり入れ部屋自体の温度を下げることでかなりの熱対策が可能です。

ノートパソコンは仕組み上どうしても熱が溜まりやすいため対策としては冷却シートなどの専用グッズも効果が高いので、ぜひあなたに合った熱対策をやってみてくださいね!

スポンサーリンク